Genuine(純正)という名に込めた思い(6)

「買ってよかった」
と言ってもらえる自信あり

カスタムを手がけ始めた当初からウチの場合、乗り出し価格200万を超えるものが多かったんですよ。200万といったら、国産ならたいがいの新車が買える値段じゃないですか。でもZの場合、ベース車両、カスタム費用込みで200万といったら、隅々まで直し切れるか微妙っていう価格帯でもあるわけです。ショップの立場としたらですね。

旧車の場合、故障して走れなくなることが最大のデメリットなので、ショップでZ扱うようになってからは、さっき言った3つのポイント、エンジン、フレーム、電装系、これだけは絶対に大丈夫というレベルまで直してから販売してました。逆に言うと、ここが完璧でない車両はどんなことがあっても、お客さんに渡さない。

そこまでやって不具合が出たんなら、これはもう誰のせいでもなくて、ウチの責任ですよ。わりと初期からそういう感じでやってましたね。仕上げにしてもタンク外そうが、シート外そうが、バイク逆さまにしようが、どこから見てもきれい、どこんちも真似できないくらいってのが昔っからの基本ポリシーで、それは今も変わらないです。

和久井さんって本当にカスタムバイクが好きなんですね。壊れるのが許せないっていうだけじゃ、そこまでやらないっていうか、できないですよ普通。

そうですかねえ。そうなのかなあ。

自社パーツを使うことでパーツ価格を定価より安く提供、さらに内燃機加工や組みにこだわることで壊れない。こう考えるとブルドックのGT-Mって割安だとも言えるんじゃないですか。絶対的な価格は決して安くないわけですけど。

そう言っていただけるのは嬉しいですけど、車両でも値段に対して割安、お買い得だなと思って売ったことはないんですよ。GT-Mって400万、500万、ときには600万になるものもある。正直、毎回すげえ高いバイク買ってくれてるんだな、ウチのお客さんってすげえな、と思いながらつくってます。そこまでおカネ掛けて直してくれる、ありがたいなって。

昔はそこまできっちり説明してなかったので、高い買い物しちゃったなって(お客さんに)思わせてしまったことが、きっとあったと思うんですよ。「こんなに高いんだったらカスタムしてある中古買った方がよかったんじゃないか」とか。今は、そういうことは100%ないと思います。

それでもアピール不足って感は、まだまだ否めないですけどね。

>GT-M、カスタム、車検、憧れのZのこと。お気軽にお問い合わせください。

GT-M、カスタム、車検、憧れのZのこと。お気軽にお問い合わせください。

BULL DOCKではコンプリート「GT-M」制作のほか、各種カスタム、修理、レストア、車検などにも幅広く対応しています。
憧れのZに乗ってみたいけれど、壊れたり修理に費用がかかると聞いて不安に思っている、そんな方からの疑問、質問にもお答えします。
まずは「お問い合わせフォーム」から、お気軽にお問い合わせください。