GT-Mコンプリートとは

GT-M(Genuine Tuning Machine)とは

ブルドックがもつ長年の経験とノウハウを活かし、1台1台オーダーメイドでつくりあげるコンプリートマシン。それがGT-Mです。「旧車は壊れて当たり前」という、いままでのあやまった常識を打ち破るため、エンジン内部の内燃機加工に至るまで、すべて自社で一貫製作しています。

Genuine(純正)というネーミングには「現行純正モデルと同じ感覚で」「永く、安全に乗ることが可能」という意味を込めました。高い信頼性は、内燃機の加工精度から細部ボルトの締め付けトルクに至るまで、徹底した管理をおこなうことで実現しています。

GT-M製作にあたっては、以下の3つのポイントをかならずクリアすることが最低条件となっています。

*高年式車をベースとする場合は、この限りではありません

1)フレームチェック

長年ストレスを受けつづけてきた旧車のフレームは、エンジン位置のズレやダウンチューブの歪み、場合によっては経年劣化によるクラック、パイプの腐食、破断などが起きていることもあります。GT-Mのフレームは全車、専用治具に載せ、コンディションを徹底チェック。歪みの出ている部分や問題のある部分を徹底的に修正します。その上でサンドブラストでサビを除去、必要に応じて補強を追加。最終的にダイヤモンドコートで仕上げます。

2)エンジンのフルオーバーホール

新車時から30〜40年を経たZのエンジンは経年劣化や人為的なミス、あやまったチューニングなどにより、ほぼ100%の確率で不具合を抱えています。作業はエンジンの完全分解、クランクシャフト、コンロッド、シリンダーヘッドなどの歪みチェックから始まり、クランクシャフトの芯出し、カムチェーン交換、各部対策加工など多岐にわたります。内燃機加工まで自社内製とすることで、各部の加工精度を限界まで追求、現行車並みのトラブルフリーを実現しました。

3)電装系パーツを一新

エンジンとならび、旧車でもっとも多いのが電装系のトラブル。GT-Mでは電装系をすべて新品パーツに交換することで初期トラブルを一掃しています。ハーネス類は、必要に応じて現行車のメーカー純正品なども流用。取り回しや補機類の配置もメンテナンス性を考慮しているため、日常メンテナンスでも現行車なみの手軽さとなっています。

安心の1年間保証

GT-Mには全車1年間、もしくは5000㎞(*どちらか早い時点)の車両保証をお付けします。万が一、保証期間内に不具合が発生した場合はブルドックが責任をもって無償で修理いたします。

GT-Mメンテナンス・サービスショップ

全国のプロショップと提携。車検、一般整備など、お気軽にご相談いただける体制をご用意しました。提携ショップは今後も拡充していく予定です。

GT-Mメンテナンス・サービスショップ

>GT-M、カスタム、車検、憧れのZのこと。お気軽にお問い合わせください。

GT-M、カスタム、車検、憧れのZのこと。お気軽にお問い合わせください。

BULL DOCKではコンプリート「GT-M」制作のほか、各種カスタム、修理、レストア、車検などにも幅広く対応しています。
憧れのZに乗ってみたいけれど、壊れたり修理に費用がかかると聞いて不安に思っている、そんな方からの疑問、質問にもお答えします。
まずは「お問い合わせフォーム」から、お気軽にお問い合わせください。