• 2019年6月25日

自社で内燃機加工という非常識?(2)

ひたすら組んでバラす。 この繰り返しから見えてきたもの メーカーが指定しているピストンクリアランスにしても、ホーニングの溝の深さ次第で微妙に変わってきますしね。そういった諸々含めてどう詰めていくかっていうノウハウは、実際に組んで、バラしてアタリを見て […]

  • 2019年6月25日

自社で内燃機加工という非常識?(1)

ブルドックが自社での 内燃機加工にこだわる理由 群馬にスバルの工場がある関係で、このあたり(栃木県足利市近辺)ってスバル系のチューニングショップがけっこうあるんですよ。で、有名ショップに内燃機加工頼んだりして、内燃機に関するノウハウについては、そうい […]

  • 2019年6月8日

ブルドックができるまで(野望篇)その6

攻撃は最大の防御? とにかく攻めた佐野時代 実際、佐野時代にかなり飛躍した感じはありました。オリジナルパーツもたくさん作ることができたし、ある意味いい時期に攻めることができたなって思います。でも佐野に出てすぐの頃は正直、相当キツかったですよね。 やっ […]

  • 2019年6月8日

ブルドックができるまで(野望篇)その5

ユーザーの口コミで 修理屋から注目カスタム屋へ カスタムを真面目にやっていこうと思ってたんですけど、そうなると今やってる貿易の仕事っていうのは、ちょっと目指してる場所が違うなって。でもカスタムだけで食っていくのは難しいだろうって、そのときは思ってたん […]

  • 2019年6月8日

ブルドックができるまで(野望篇)その4

ショップのなかはお宝英車だらけ 1台も手元に残ることなく完売 バイクはバーター貿易とは別で現金払って仕入れてくるんですけど、薄利多売でとにかく売りまくろうって思ってました。でもそれだけじゃ面白くないんで、自分のバイクや知り合いのバイクのカスタムもやる […]

  • 2019年6月8日

ブルドックができるまで(野望篇)その3

バーター貿易の手伝いをしつつ 和久井青年、英車ブローカーになる あるとき、事故で廃車になったゼファー1100が店に入って、その足まわりを売ってもらったんですね。横からクルマに突っ込まれたんで、前後足まわりは無事だったんですよ。そんなわけで前後ホイール […]

  • 2019年6月8日

ブルドックができるまで(野望篇)その2

最初に買った大型バイクは 検付6万の750カタナ 最初に勤めた店の社訓というか、基本的な方針として「客のバイクどうこうする前に自分のバイクでやってみろ」「そのなかでノウハウを身につけろ」みたいなところがあったんです。当然わけわかんないでやってるわけだ […]

  • 2019年6月8日

ブルドックができるまで(野望篇)その1

ブルドックというショップ、 和久井維彦とはナニモノか 和久井さんって有名カスタムショップで修行した経歴をもつわけでもなければ、首都圏で店を出したこともない。ショップがあるのは地元の栃木。「ブルドックってどんな素性のショップなんだ」「和久井ってのはどん […]

>GT-M、カスタム、車検、憧れのZのこと。お気軽にお問い合わせください。

GT-M、カスタム、車検、憧れのZのこと。お気軽にお問い合わせください。

BULL DOCKではコンプリート「GT-M」制作のほか、各種カスタム、修理、レストア、車検などにも幅広く対応しています。
憧れのZに乗ってみたいけれど、壊れたり修理に費用がかかると聞いて不安に思っている、そんな方からの疑問、質問にもお答えします。
まずは「お問い合わせフォーム」から、お気軽にお問い合わせください。